婚姻届の準備がすごく大変

長年付き合った彼と、結婚した時の話。憧れの婚姻届を、ついに書く瞬間が来ました。まずは役所へ行き、婚姻届をもらうんだけど、書き損じを考え、3枚ほどもらいました。

もちろん無料。多めにもらう事についても、特に何も言われず、また取りに来る人が、結構いるという話も聞きました。

いよいよその時になって気付いたのですが、お互いにこれまでの本籍地だったり、証人の署名等が必要になります。

すぐ記入で提出というわけには、いかなそうだった為、入籍したい日よりも早めに婚姻届をもらいに行っておいて良かったです。

他にも必要な書類もいくつかある為、準備完了までには結局、10日くらいかかっちゃいました。だけど記入する間は、やはり何とも言えない気持ちになるね。

無事に入籍希望の日付で受理され、ようやく一安心。渡す時に役所の方に、写真を撮ってもらったり、ステキな思い出と共に、婚姻届の提出が完了。

これからこそ、最も重要な新居探しが始まる。忙しいぞ。

ブラジルワールドカップ 動画は見た?「何を?」えっと、ほら!色々。「全然分からないよ、抽象的過ぎ」って言われようが、ほら!

イタリア代表、モントリーボが左すねを骨折、W杯欠場と聞くよ!「ブラジルワールドカップ 動画で観戦したわけ?」多分...;。

「曖昧ー」後は、ギリシャVSポルトガル!引き分け!「へー、国際親善試合だっけ」はい。「そうだよ。日本と何れ戦うC組がギリシャだから、注目すべきとこやったよね」

へー。「ブラジルワールドカップ 動画見たっつー割に、あまり詳しくないね」ぐ...;それは。「でも、好きなら別に、知識の浅さ深さは関係ねー気も」

どっち?「いや、別に」ともにかく、ブラジルワールドカップ 動画は面白いよ!「強引なまとめー」うぅ、話変わるけどこれ。

「何?写真?」そ、もうW杯へ向け、サポーター出発開始してんのよ。「あー、まー日にち考えれば、別段不思議じゃ」納得出来ん!

「え?」私も大好き、サッカー。「うん。分かっとるよ」何故、お留守番?「学校あんだし、無理じゃ...;」悔し過ぎる!

部屋探し難航中の友人

本当、部屋探し難航中。「大変ね」大変。やっぱおらぬのかなぁ。「何が?」女子高生。「え?ちょ、どーゆー事?話さっぱり」部屋探し中ってるだろ!聞けよ!

「聞いてるのに分らぬわ!何でそこにJKが?」ほら、管理人さんとか、隣に住んでたり。むしろ引っ越すと、佇んでたり...。

「ねーよ!どーゆー展開!?つかいたら何する気!?」お前、女子高生嫌いな訳!?変態め!「俺を変態呼ばわり!?畜生。嫌な奴!本当、訳分らぬわ!部屋探しやれ!」

んー。妥協はある程度出来るけど、やっぱ可愛い子外せぬわ。「何故?」そりゃ俺も、三十路過ぎたし。色々?相手は欲しいさ。

「相手探すのは結構。でも、部屋探しに直結しなくね?」するわ!「強情な奴め」はぁー、どっかに落ちてれば。もうこうなりゃ道端...。

「え、それはナンパじゃ」自分、そーゆー軽挙出来ぬわ!「今更なに馬鹿を。段々話が意味不明に...」

マジ?「当然」とにかく、美人さえいれば、何処でもOK!「普通にお店なり行けば?引っ越す価値ゼロじゃん」