夫 怪しい 浮気は自分が枷に思う

「答え、出たか?」ええ。「許してくれないのか?」ごめんね。夫 怪しい 浮気程度は大丈夫。女が相手であれば、きっと喧嘩し、口論の末に和解出来たかも。

けど男じゃ、無理でしょう?きっと、何時まで話そうとも、平行線を辿るわ。「んな事は...お前、偏見抱き過ぎ。そりゃ、受け入れ難さは分る。けど!」

違う。夫 怪しい 浮気って感じ、妬み、同性愛も理解出来なかった。貴女を思って出した、結論なの。「は?」私、枷でしょう?邪魔過ぎる、絶対。

「なに言ってんだよ...」分るわ、本当に好きな人と愛を紡ぐべき。正直に生きてこそよ。夫 怪しい 浮気...邪推する事、もー疲れたわ。

「馬鹿、ちげーっ!何度言えば。自分、貴様いなきゃどう生活すれば...」彼の下へ行ってよ。「奴、妻子持ちだ!」

ね...どうして?妻子持ち同士、不倫を?夫 怪しい 浮気を気づかれ、家庭崩壊へ誘う事になると、思わぬ訳?

「あくまで...そーゆー日頃の鬱憤、欲情を解き放つ為、会ってただけで...。深い関係じゃねーんだ」